即日融資に最適なカードローンを紹介します!

消費者金融の審査基準とは

最近ではキャッシングというのがかなり一般的に利用される様になってきています。若い人から年配の人まで気軽に申し込めるので利用する人が増えて来たんでしょうね。コマーシャルでも有名俳優や女優、お笑い芸人さんなどを使ったりしているので、昔のイメージを一新されているのかもしれません。誰だって有名芸能人がすすめていると「利用してみようかな」という気分になりますものね。

しかし、誰でも彼でも借入れが出来るというわけではありません。きちんと審査基準というものが設けられているんですね。それはどういったものなのでしょうか。

ごく一般的な審査基準ですが「20歳以上の安定した収入がある方」というのが多いです。安定した収入があればアルバイトやパートでも借り入れする事が可能です。一定の収入さえあれば非正規雇用である事は問題ないようです。

ただ、収入は本人が得たものに限られますので無職や主婦の人は借りられないという事になりますね。収入が一定以上であっても通りにくいのが個人事業主です。年収が350万円ほどあっても審査に落とされる場合があるとのこと。また、年金受給者も融資を受ける事は出来ません。当たり前ですが、ギャンブルなどで一定の収入を得ているからと言って借入れする事は出来ません。

では、どれ位の勤務年数や年収が必要なのでしょうか。入社数日で審査に通ったとか、バイトの年収が100万円程度とかいう人でも審査に通った例があるようです。逆に勤続7年で年収が500万円以上あるのに審査に落ちた人もいるとか。

このような例を見ますとボーダーラインというのははっきりしていないようです。個人の状況を見て個別に判断しているとしか言いようがありません。さらに、審査に通りにくい例としていくつもの金融会社に短期間で次々に申し込んでしまう場合があります。信用情報にそういった事は全て登録されていますので隠して借入れの申し込みをする事は出来ないのです。

また、当たり前の事ですが総量規制のしばりがありますので、年収の3分の1を超えてすでに融資を受けている場合は新たに融資を受ける事は不可能です。おまとめローンだけはそれが可能ですので、超えてしまっている人はおまとめローンからの借入れを検討するのがいいかもしれません。

債務整理の経験がある人も審査には通りにくいようです。延滞を繰り返している人もかなり不利になりますので、きちんと確認してから申し込みましょう。上限は69歳以下という場合が多いです。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。