即日融資に最適なカードローンを紹介します!

在籍確認は最近になってちょっとした変化が出た

消費者金融でキャッシングを利用する際、必ず行われることが1つあります。それが会社への在籍確認です。実際に働いているかどうかを調べるために行われている物で、仮審査が終わった後の連絡が済み次第確認を行っています。この確認が取れるまではお金を借りることができませんので、例えカードを発行したとしても利用できないようになっています。また在籍確認で働いていないことが分かった場合は仮審査の結果を無視して審査に落とされることになります。

この在籍確認ですが、基本的に消費者金融が個人名で会社へ連絡し、申込みをした方が在籍しているかどうかを確認します。在籍しているようなら電話を変わらなくてもいいと話して電話を切ります。いないということであれば再度申込みを行っている方へ連絡し、本当なのかどうかを問いただす仕組みとなっています。個人名で行っているために気付かれる心配というのはありませんが、勘のいい方であれば何かの在籍確認かなと感じてしまうことはあります。

注意点としては会社が営業している間に在籍確認を行ってもらうということです。時間帯によっては会社に誰も残っていないので確認が取れず、翌日になって確認するということがあります。特に即日融資を受ける方は出来る限り営業している時間帯に確認を取って貰うことを徹底してください。電話でこの時間なら対応して貰えるということを伝え、速やかな確認を行ってもらうといいです。

最近は個人情報を保護する観点から在籍確認に応じてくれない企業が増えています。こうした企業というのは個人情報を貰うためには関係ということを話さなければならず、消費者金融であることを告げなければならない問題もあるのです。こうした状況になると確認が行えない可能性も出てきますが、消費者金融は別の方法で対応してくれます。勤務先が発行している給料の明細、または健康保険証や社員証といったものを提示すれば、在籍確認の代わりに認めてくれることがあります。

しかしこうした方法というのは必ず行われているということはありませんし、認められないケースというのもあるので注意してください。一番いい方法は会社に直接電話をする方法なので、それが出来ない場合の最後の手段として利用するのです。消費者金融によっては認めてくれないこともありますから、どうしてもできない時だけお願いして在籍確認をしてもらってください。この方法なら会社へ連絡は行きませんが、必ずできるというわけではないのです。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。